中古でマンション経営をする上ではまずは取得価格が少なくて良いことがあります。その分利回りが良くなります。

中古のマンション経営をする話

NAVIGATION
中古のマンション経営をする話
中古のマンション経営をする話

中古でマンション経営をするメリット

新品と誰かが利用したものでは新品の方が良いに決まっています。
でも中には非常にきれいに使われているものもあります。また見た目は多少汚れていても中身は新品と変わりがないということもあります。そういう場合であれば新品にこだわる必要はないということです。中古のメリットとしてはとにかく新品よりも安いということがあります。安い理由をしっかりと見極めれば特になる部分が多くなると思います。マンション経営をするという時にも新たに土地を買って建てるということもありますが、既に建てられているもので良いものがあればそちらを購入することで購入コストを下げられるということがあります。建築年数によってはそれほど古くないにもかかわらずかなりお得に購入することができるケースもありますからチェックしておきたいところです。
中古マンション経営のほかのメリととしては利回りが良いということになります。利回りというのは投資金額に対してどれだけ利益を得ることがでいるかということになります。取得価格は低くても家賃収入はそれなりに得ることがあります。新築であれば取得価格が非常に高くなります。同じ家賃であれば当然利回りは低くなるということになります。利回りが良いということは早急に投資資金を回収することができることになります。購入時にローンを利用していたとしても早めに返済することも可能になります。返済が終わればあとは家賃が入ってくるだけになるということです。
老後においては年金があります。
でも年金のみで暮らしていくのは難しいということもあります。かと言って働くことができなければそれ以上の収入は期待できないことになります。そんな時にローンの返済が終わった中古マンションを所有しているというのは非常に助かるということになります。家賃集収入がそのまま生活費に使えることになります。家賃に関しては物価の上昇に関しても反映されますからインフレ対策としても良いことになります。

Copyright (C)2014中古のマンション経営をする話.All rights reserved.